一般歯科

歯を削って詰めたところに少しでも菌が残っていると、虫歯が再発する原因となり、場合によっては気が付かないうちに歯の中でどんどん進行していってしまいます。
そのため、当院ではしっかりと虫歯になっているところを取り除くように、丁寧な処置を心がけています。

また、削った後は、金属の詰め物ではなく、できるだけ白くて目立たない歯科用プラスチック(レジン)を充填するようにしています。

 

お子さんの治療を行う時に最も大切なことは、歯医者さん嫌いにさせないということです。
もし小さい頃に歯医者で無理やり治療を受けさせられて痛い思いをすると、その後はさらに歯医者さんに行きたがらなくなってしまいます。
場合によっては、成人になってもトラウマとして残り、適切な治療や予防を受けず、早く歯を失ってしまうことにもなりかねません。

まずは治療器具に慣れてもらう、歯みがきだけをする、などを繰り返すことで当院に慣れてもらえるようにしています。
ただし、どうしても緊急の処置が必要な場合に限っては、その日のうちに治療を行うこともあります。

歯周病治療

歯は、歯槽骨(しそうこつ)と呼ばれる骨によって支えられていますが、歯周病になると細菌によってこの骨が溶かされてしまいます。
日本の成人のおよそ8割が歯周病になっていると言われており、歯を失う原因の第1位にもなっています。

初期段階では、歯みがきの指導や超音波スケーラーを使用した効果的な歯石除去によって衛生的な口内環境を作っていきますが、重度の歯周病になっている場合は、歯茎を剥がして中の汚れを掻き出す歯周外科手術を行うこともあります。
こういった治療を受けなくて済むよう、日頃の予防や早期治療を心がけるようにしましょう。

健康な歯を保っていくために、そして治療後の良い状態を維持していくために必要なのが予防歯科です。
お口の中には様々な細菌が生息しており、しっかりと歯みがきを行うことで機械的に除去しなければなりません。
ただし、歯みがきは毎日やっているつもりでも、実は汚れが残っているという方が多くいらっしゃいますので、歯並びや歯の健康状態や過去の治療箇所などを踏まえて、しっかりと磨ける方法をアドバイスさせて頂くようにしています。

また、お口の中にバイオフィルムという細菌の塊ができると、なかなか歯みがきだけでは落としきれないことがあります。
そのため、定期的に歯石除去と合わせてお口の中のクリーニングにいらして頂ければと思います。
なお、クリーニングに来て頂く頻度は、歯周病が進行している場合は1週間ごとに来て頂くこともありますし、健康な歯を維持する目的であれば1年ごとに来て頂くこともあります。

患者さんのご状況に合わせて次回のご来院時期をお伝えするようにしています。

口臭治療

もしかして、自分の口って臭いかも!?・・・そんな不安を感じた方は多いと思います。
口臭は、呼吸器や消化器などの内臓疾患が原因になっていることもありますが、ほとんどの方は虫歯や歯周病、そして入れ歯や詰め物に汚れが溜まっていることが原因となっています。

まずはしっかりとお口の中をきれいにして、虫歯や歯周病のある方は治療し、継続して正しい歯みがきを続けていくようにしましょう。
なお、重度の口臭がある方は、東京医科歯科大学の「息さわやか外来」を紹介させて頂きます。

24時間受付中オンライン診療予約 歯を失ってしまった方