歯を失ってしまった方へ

虫歯や歯周病、そして外傷などが原因で歯を失った時には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」という3つの治療の選択肢があり、患者さんのお口の中の状態や費用によって最適な治療方法は異なります。

そのため、当院ではそれぞれの治療法についてじっくりと説明をさせて頂いた上で、患者さんに納得のいく方法をお選び頂くようにしています。

入れ歯

入れ歯は、床(土台)と人工歯からできており、歯を失ってしまったところへ装着することで噛んだり話したりするサポートを行うことができます。
なお、当院は患者さんに合う精密な入れ歯を作ることにこだわっており、名古屋の名人技工士に製作を依頼しています。

また、もしできた入れ歯に納得いかない場合は、何度でも満足頂けるまで調整を行います。

メリット
  • 残っている健康な歯を削る必要がない。
  • 口腔外科手術が必要ない。
  • 保険が適用される。(保険適用外の入れ歯もあります)
デメリット
  • 自分の歯と比べて噛む力が弱い。
  • 見た目が気になることがある。
  • 違和感が気になることがある。

金属床デンチャー

通常は、入れ歯の床(土台)はプラスチックで作られていますが、金属を使うことで薄く丈夫な入れ歯を作ることができます。
また、金属は熱を伝えやすい性質を持っているため、飲んだり食べたりする時に温度まで楽しんで頂けるという利点もあります。

ノンクラスプデンチャー

通常の入れ歯には、金属でできたバネが付いており、これを他の歯に引っ掛けることでお口の中に装着します。 しかし、このバネはお口を開けた時に目立ってしまうという欠点がありました。
そこで、バネを使わずに歯茎だけで支えられるようにした入れ歯がノンクラスプデンチャーです。
金属のバネがないため、お口を開けても入れ歯であることが目立たないのはもちろん、お口の中の装着感も改善されます。

ブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまったところの両側にある歯を削り、そこに橋を渡すように人工歯を取り付ける治療方法です。

メリット
  • 自分の歯と同じくらいの強さで噛むことができる。
  • 口腔外科手術が必要ない。
  • 保険が適用される。(保険適用外のブリッジもあります)
デメリット
  • 残っている健康な歯を削る必要がある。
  • 支えにする歯に負担がかかり続ける。
  • 治療期間が短い。

インプラント

インプラントは、歯を失ってしまったところにある骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

「第二の永久歯」と呼ばれることもあり、自分の歯のようにしっかりと噛むことができるようになります。
なお、当院ではノーベルバイオケア社のリプレイスもしくはブローネマルクと呼ばれるインプラントシステムを採用し、症例によって使い分けています。

メリット
  • 自分の歯と同じくらいの強さで噛むことができる。
  • 残っている健康な歯を削る必要がない。
  • 見た目が自然に仕上がるため目立たない。
デメリット
  • 口腔外科手術が必要。
  • 保険が適用されない。
  • 治療期間が長い。

インプラント治療の流れ

1. 検査、治療計画作成
2. カウンセリング
3. 一次手術
4. 経過観察
5. 二次手術
6. メンテナンス

24時間受付中オンライン診療予約 歯を失ってしまった方